2011年に施工したウレタンコーティングの光沢復元作業をしてきました。

写真の左端のほうは何もしていない状態、まさに放置した状態です。
右のほうは復元作業が終了しています。
今回の復元作業は自動洗浄機による水洗いとバフィングマシンでの磨きのみ。
数年間放置していても、ワックスを塗ったような感じにまで光沢の復元ができました。
通常なら毎月もしくは2~3ヶ月ごとに洗浄してワックスを塗る作業をして管理していきます。
コーティングもいろいろありますがこのコーティングの管理は非常に簡単。
最近の私の一押しですね。

営業1課 江坂


大きな施設に取り付けられている外気を取り入れる機械の吹き出し口についている網。
結構簡単に取り外しができます。
網状なので取り外して洗浄するのが早いです。

よくあるパターンですが、実際には網に塗装が重ねてあり、洗浄すると剥がれてきてしまう・・・なんてことがあります。
そんなときのために、そういった面を洗浄するのに適した洗剤を使用して洗浄します。
この洗剤のすごいのが塗るだけで汚れが取れるのに、対象物にはやさしい。
我々の強い味方です!

営業1課 江坂

ガラス清掃 

江坂直志江坂直志


いい感じにくもってしまったガラス・・・
ガラスの掃除も結構面倒くさいものがあります。
拭くだけでは拭きムラができたりして思うようにきれいになりません。

透明感のあるガラスはいいですね。
景色もきれいに見えるかも・・・

営業1課 江坂


とある病院の小便器中央に緑色っぽい筋がついてしまっています。
なぜ緑??おそらく配管の成分?が水に含まれるミネラルやカルシウム、鉄分とともに付着して固着したものと思われます。
トイレの排水には井戸水が使われることも多くあります。
飲料水などとは異なり、水質はあまりよくありません。
で、この汚れが非常に硬い。
硬いとはいえ、時間と手間をかけると、

キレイにはなります。
1回キレイにすると、キレイを長持ちさせたいと思うのが我々です。
ということで今回は親水コーティング剤を塗布してみました。
簡単に言えば撥水ではないもの・・・水を弾かない・・・水が馴染む・・・
といったものです。
親水のいい点は、セルフクリーニングができる、ウォータースポットができないなどあります。
セルフクリーニング・・・水が流れるたびに汚れも一緒に流してくれる。
ウォータースポット・・・水が玉になった状態で乾燥した際にできる固形物。
と・・・難しいことはほっといて、どれだけキレイが長持ちするか楽しみです!

営業1課 江坂


尾張旭市内のクリニックさんの床・・・
病院の職員さんが汚れが気になったのか、こすった跡が山ほどついています。
定期清掃などで業者が入ることはなかったそうです。
今回初めて実施するそうです。

上半分だけきれいになった状態です。
全体完了の写真はありませんが、明らかに室内が明るくなりました!
やはりキレイがいいです。
施工後、「キレイになったから、少しでも汚れていると気になるようになった。」
というお言葉をいただきました。
そうです、これがキレイを持続させるための秘訣です!
汚れが気になり始めると汚れを見つけるたびに掃除しようと思います。
だから汚れが蓄積しません。
掃除に時間をとられることも少なくなるかもしれませんね。
一度ピカピカにしてみるとその効果は絶大です。

営業1課 江坂