ブログ&新着情報

コロナウイルスはどこにいるの?

#株式会社クリーニングシステム科学研究所 発行 ビルクリーニング7月号の記事より

P40~41「アフターコロナの施設清掃とは?」ソフトバンクロボティクス(株)常務取締役 吉田健一氏の記事を抜粋

その記事によると

武漢に突貫工事で建てた火神山病院というコロナ専門の病院(現在は閉鎖)にて、この病院内のどこにコロナウイルスが付着しているのかを明らかにした調査結果が、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の科学雑誌に掲載されました。

その雑誌によると

最も汚染されているのは、患者のマスクや医療関係者の手袋ではなく

 「空気フィルターと床」だと!

医療関係者の靴底にも多数のウイルス発見された。

コロナウイルスは、病院の床に蓄積し、それが医療関係者が歩いて各部屋に拡散され空気中に舞い上がってフィルターで回収されたのではないかと仮説が立てられています。

このレポートから

床清掃、フィルター清掃及びエアコン洗浄の重要性が挙げられますよね!!!!

倉知清和

倉知清和

建築物環境衛生管理技術者
ビルクリーニング技能士
清掃作業従事者研修指導者
職業訓練指導員