フローリングのコーティング

水性ウレタンコーティングで輝きを持続!

大変難しい木床のメンテナンス、オーアンドケーにお任せ下さい

床材の保護・光沢の維持を継続させる為の管理方法として水性ウレタンコーティングをお勧めします。
木床のメンテナンスは大変難しく、ワックスを塗っての管理方法もありますが、ワックスの性質上、剥離が必要になります。
フローリングの剥離は、失敗すれば床材の反り・剥がれなどが起きる可能性があります。
水性ウレタンコーティングは高密着性により硬い皮膜を作りますので、コーティングのみでも十分管理できますが、コーティングの上にワックスを塗布して従来のワックス管理することもできます。
水性ウレタンコーティングは、剥離剤・その他の溶剤でも反応しないので、塗ったワックスを剥離してもコーティングは剥がれません。
初期投資は高いですが、ランニングコストを考えるとお値打ちな商材となります。

施工の流れ

1、下地処理
硬いパットで床材の表面をしっかり洗います。

調合
主剤と硬化剤の正確な調合が重要です。

塗布
硬化が始まるので、手際よく塗布。

施工をした後はノーメンテという訳にはいきません。
美観を維持する為には定期的なワックス管理が必要になります。

料金

詳細についてはお問い合わせください。